特定社会保険労務士 村岡長治ブログ

死刑判決の心理的負担で裁判員制度の見直し必至?

男性2人を殺害したとして強盗殺人など9つの罪に問われていた男性被告に対し、裁判員裁判で初めての死刑判決が16日、横浜地裁で言い渡されました。
先般、耳かきエステ店員ら2人殺害事件では死刑判決が回避されましたが、今回は殺害方法の残虐性などから究極の選択になったと思われます。

判決言い渡しの後、裁判長が「重大な結論で、裁判所としては控訴を申し立てることを勧めたい」と説諭したということです。これをテレビ・新聞などでは「異例の説諭」と取り上げていますが、裁判官を務めたことがあるという弁護士の話ですと、過去にもこういう例は複数回あるそうです。

テレビでアメリカの陪審員(女性)が「死刑判決などのときは、裁判員の心のケアが大事になってくると思う。あとになってPTSD(外傷後ストレス障害、トラウマ)にかかることがある」と述べていました。

今回、裁判長が控訴を勧めたのも、「自分らが最終的に決めた」という心の負担から、裁判員が解放されるようにとの配慮かもしれません。
死刑執行のときボタンが3つあり、3人の刑務官が同時に押す。誰のボタンで執行されたかわからないことで、彼らの心の負担を軽減すると聞いたことがありますが、あるいはこんな効果を考えたのでしょうか。

死刑という判決は、裁判官にとっても大変重い意味を持つそうです。彼らは法律のプロです。そこに1回だけ参加した素人が死刑判決に加わる、個人差があるにしても、負担が過酷すぎることは容易に推測できます。極刑が予想される裁判からは裁判員を外す、そんな配慮が考えられるべきではないでしょうか。

裁判員裁判が始まる前、私は行政書士会の支部集会で「裁判員制度について行政書士会としてはどんな考えか。また皆さんはどう考えるか」と質問をしました。
そのとき古参会員が「そんなことは国会で言え(意味不明?)」と言い、支部長もなにも言えなくて下を向いていたことがありました。

日本人は「お上から与えられることに従う」習慣に馴れ過ぎていると言われます。自分たちになじめない、あるいは合わない制度なら、声をあげてその部分だけでも改正に持ち込むべきではないですか。
再度言いますが、私は法律に素人の裁判員も躊躇なく判断できるように、極刑が予想される裁判からは、裁判員裁判を除外するべきだと思いますがいかがでしょう。
2010.11.17
お役立ち!トピックス
こんにちは。
埼玉県富士見市で、特定社会保険労務士・行政書士を開業しております村岡長治です。

今回、村岡労務行政事務所のホームページをご覧いただき、有難うございます!

このホームページでは、中小企業の社長様、総務担当者様のお役に立てる情報をタイムリーにお届けします。情報提供で、少しでもお役に立てましたら幸いです。

また、個別にご相談をいただきました場合、私がお客様のもとへお伺いいたします。
川越市、ふじみ野市、富士見市、志木市、三芳町方面など、東武東上線沿線の中小企業の社長様・総務担当様、ぜひとも当事務所までご連絡ください。

〒354-0033 
埼玉県富士見市羽沢1-10-15
E-mail: info@roumu-gyousei.com