特定社会保険労務士 村岡長治ブログ

不動産の共有登記、やめたほうがいいですよ

相続における不動産の共有についてひと言述べます。

土地などを共同で所有するというのは、おそらく遺産を法定相続した場合がほとんどでしょう。遺言書に従う場合には、共同で所有させられるということは、特殊な場合を除いてあんまり考えられないからです。

共有登記のメリットとデメリット、すぐ思いつく点をあげてみましょう。
メリットとしては少ない相続税ですむ。
デメリットは、物件を売却するとき全員の承諾が必要になってしまう。そのための手続きが面倒で、費用がかかる点などです。
不動産の共有登記は、よくよく考えなければなりません。
たとえばこういう場合はどうでしょう。

相続が預金・現金だけなら、まったく問題はありません。分割方法にしたがって金額を案分すればいいわけです。しかし現金が少なく、不動産が残された場合はどうなりますか。
相続人A、B、Cの3人が、相続に当たって土地をうまく分割をできないため共有登記をしたと仮定します。その土地を有効利用しようと思っても、3人の意見がなかなかまとまりません。そこでいっそ売却して、お金で分けようという意見が出ました。ところが2人は賛成しましたが、1人が反対して売却ができません。
3人でもこんなことはよくあります。

ところがAが死亡して、配偶者と3人の子供たちが相続することになったらどうなりますか。相続人が増えますね。A1人がすでに4人になってしまいました。BにもCにもその可能性はあります。
もちろんAもBもCも、途中で相続人を特定するかもわかりませんが、それにしても大変なことになりますよ。親子、兄弟でさえなかなか意見が合わない。次の、又その次の相続人の意見をまとめるのは、並大抵ではありません。
相続人もどこまで増えるかわかりません。あんまり長期間放っておくと、収拾がつかなくなると思いませんか。

結論として、Aが土地をすべて相続して、相当分の金銭をB、Cに支払うなどの方法で(方法はそれ以外にもあるでしょうが)、不動産を共同で登記することは避けるべきだ、というのが私の意見です。
2010.10.10
お役立ち!トピックス
こんにちは。
埼玉県富士見市で、特定社会保険労務士・行政書士を開業しております村岡長治です。

今回、村岡労務行政事務所のホームページをご覧いただき、有難うございます!

このホームページでは、中小企業の社長様、総務担当者様のお役に立てる情報をタイムリーにお届けします。情報提供で、少しでもお役に立てましたら幸いです。

また、個別にご相談をいただきました場合、私がお客様のもとへお伺いいたします。
川越市、ふじみ野市、富士見市、志木市、三芳町方面など、東武東上線沿線の中小企業の社長様・総務担当様、ぜひとも当事務所までご連絡ください。

〒354-0033 
埼玉県富士見市羽沢1-10-15
E-mail: info@roumu-gyousei.com