労務管理の相談

最近、中小企業が 労働トラブルに巻き込まれる事件が 急増しています。
今のところ大きな問題にはなっていなくても、下手をすると裁判沙汰になりかねない事例も多いようです。
経営者から相談を受けることも珍しくありません。

いろいろな例があります。

・辞めた社員が、今までの不足している残業代を払え、と言ってきた。
・解雇した社員から、不当解雇だと訴えられた。
・セクハラがあって上司に訴えたが取り合ってくれないと、女子社員が問題を大きくしてしまった、等々。

御社でははどう対処しているのでしょうか。
些細なトラブルが大問題に発展するケースは、ほとんどの場合、企業側が初めに適切な対処をしていない場合に起こります。

また、セクハラなどは「大きな問題ではない」と思っている経営者はいらっしゃいませんか。時代は確実に変わっているのです。専門家にご相談されてはいかがでしょう。

労務管理は大きな問題です。

まず、入社から退職までの各種手続は、漏れなく行われていますか。
退社のとき、実は雇用保険の手続きを忘れていた、などということがあっては大変です。失業給付に直接響いてくるからです。

入社から退社まで、事業主様、総務担当者様の立場に立って、遺漏がないように私はお手伝いをさせていただきます。
お役立ち!トピックス
こんにちは。
埼玉県富士見市で、特定社会保険労務士・行政書士を開業しております村岡長治です。

今回、村岡労務行政事務所のホームページをご覧いただき、有難うございます!

このホームページでは、中小企業の社長様、総務担当者様のお役に立てる情報をタイムリーにお届けします。情報提供で、少しでもお役に立てましたら幸いです。

また、個別にご相談をいただきました場合、私がお客様のもとへお伺いいたします。
川越市、ふじみ野市、富士見市、志木市、三芳町方面など、東武東上線沿線の中小企業の社長様・総務担当様、ぜひとも当事務所までご連絡ください。

〒354-0033 
埼玉県富士見市羽沢1-10-15
E-mail: info@roumu-gyousei.com