相続の承認と放棄、「単純承認」以外は3ヵ月以内に

今回は相続の承認と放棄について書いてみます。限定承認と相続放棄は、被相続人の死亡を知った日から3ヵ月以内に手続きをしてください。単純承認の場合は必要ありません。

1.単純承認

単純承認とは、被相続人の一切の財産を無条件、無制限に引き継ぐ方法で、最も一般的な相続の仕方です。この場合は、特別な手続を行う必要はありません。

相続開始後3ヵ月以内に手続をとらなかった場合には、自動的に単純承認をしたものとみなされます。ただし、プラスの財産もマイナスの財産も受け継ぎますので、借金が遺産より多い場合には、それも返済しなければなりません。

また、単純承認の意思がなくても、次のような事実があった場合には単純承認をしたものとみなされます。

① 遺産の全部または一部を処分したとき。
② 3ヵ月の期間内に限定承認も相続放棄もしなかったとき。
③ 限定承認や相続放棄をしたとしても、遺産の全部または一部を隠していたり、債権者に隠れて消費したり、遺産を隠すつもりで限定承認の財産目録に記載しなかったとき。

2.限定承認

条件付で相続するのが限定承認です。相続した人が、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産も引き継ぐという方法です。

いざ相続をするとなっても、プラスの財産とマイナスの財産とどちらのほうが多いか分からない、ということは十分ありえます。後になってから多額の借金が見つかり、プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多かった、という場合もあります。

しかし、限定承認をしていれば、相続したプラスの財産より多いマイナスの財産の部分は、返さなくても良いのです。また、結果的にプラスの財産のほうが多かったとしても、その財産はそのまま引き継げますから、かなり便利な制度といえます。

限定承認を選択する場合は、相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内に、被相続人の住所地の家庭裁判所に申告する必要があります。
ただし、相続放棄と違って、限定承認の場合は、相続人の全員が共同で申請しなくてはいけません。相続人のうち一人でも単純承認を主張すれば、他の相続人も限定承認ができなくなります。

なお、相続人のうちの誰かが相続放棄をしていても、その人以外が同意すれば、限定承認の申告をすることができます。

3.相続放棄

相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産も一切相続しないという方法です。プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多く、マイナスの財産を返したくない、ということなら、相続放棄をしたほうがよいでしょう。相続放棄さえすれば、親の借金を子供が肩代わりしなければならない、などということもなくなるのです。

相続放棄をする場合は、限定承認と同じく、相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内に、家庭裁判所に申告しなければなりません。
申し出がないと認めてもらえませんので、注意が必要です。ほとんどの人が3ヵ月を何もせずやり過ごしてしまい、全財産を無条件に引き継ぐ単純承認になってしまうケースが多いのです。

相続放棄は相続人が個人で決めることができます。何人もいる相続人のうちの、1人だけが相続放棄をすることも可能です。相続放棄をするかしないかは、遺言などの内容にかかわらず、相続を受ける人が決められるのです。

2010.10.11
お役立ち!トピックス
こんにちは。
埼玉県富士見市で、特定社会保険労務士・行政書士を開業しております村岡長治です。

今回、村岡労務行政事務所のホームページをご覧いただき、有難うございます!

このホームページでは、中小企業の社長様、総務担当者様のお役に立てる情報をタイムリーにお届けします。情報提供で、少しでもお役に立てましたら幸いです。

また、個別にご相談をいただきました場合、私がお客様のもとへお伺いいたします。
川越市、ふじみ野市、富士見市、志木市、三芳町方面など、東武東上線沿線の中小企業の社長様・総務担当様、ぜひとも当事務所までご連絡ください。

〒354-0033 
埼玉県富士見市羽沢1-10-15
E-mail: info@roumu-gyousei.com